FREE FOWLS BLOG  石垣島ブログ

【沖縄本島旅第17話】さー久高島へ向けて出発〜の前に、そもそも久高島とはどういう島なのか @久高島




石垣島のTシャツ・土産のフリーフォールスが本日もお届け!!
フリーフォールスは知る人ぞ知る、沖縄・石垣島の隠れ家的ショッピング スポットです〜
石垣島観光の際は、ぜひお立ち寄りください




下のバナーをクリックして

ブログ、応援してください!!



ポイントが

伸び悩んでます!

危機的状況です!

ご協力ください!!



いつも応援ポチ、本当にありがとうございます!!
日々、更新頑張りますので
下のバナーをクリックしてブログ、応援してください!!

人気ブログランキングへ




応援、本当に

よろしくお願いしますっ!!!


人気ブログランキングへ


★★★営業時間 10時〜20時★★★
※朝10時開店としていますが、都合により朝9時頃から営業する場合もございます。1階入口に看板が出ましたら営業開始となります。



★★★休業日のお知らせ★★★
休業日は都合により変更になる場合がございます。ご了承ください。










※12月1日〜26日は冬季休業になります。ウェブショップもお休みです。
年末年始は休まず営業いたします。





2017ブログバナー6.jpg
上のサイトが開けない時は、コチラ>>>をお試しください。

20170114_1867620.jpg


新商品入荷.jpg




ブログのランキング、

応援クリック、

よろしくお願いいたします!!


人気ブログランキングへ



アンダギーブラウン001.jpg

アンダギーホワイト002.jpg

新ネクストバナー.jpg




12月1日(土)

から

12月26日(水)

まで

冬季休業です!

石垣島ショップ

並びに

ネット通販も

お休みです。

休業中は

ブログの更新は

朝1回のみです。

ご了承下さい。




さて、先日2泊3日で行ってきた
沖縄本島旅行の第17話です〜






さー2日目の朝ですー
予定通り朝5時半に起床しましたー
しっかり目を覚ましたいので、部屋の風呂で熱めのシャワーを長めに浴びますー
睡眠時間5時間ほどでしたが
昨日のお酒は残っていないようです〜




第17話1.jpg




今日はこれから準備しましてー
バスターミナルからバスで南城市の安座真港に移動して、
午前9時発の1便の高速船で久高島に渡る予定なんですがー
今回、めざす久高島とは
一体どういう島なのか、ということに触れておかねばなりませんねー





琉球王国3.jpg




久高島(くだかじま)は、
沖縄本島東南端に位置する知念岬の東海上5.3キロにある、
周囲8キロ、人口約180名の細長い島である、
ということなんですがー
まーここから述べるのは
勉強不足のボクが
やっとのことで認識している範囲で述べることなんですけれども
間違っていることも多々あるやもしれませんが
そういう場合はご容赦いただきたいんですがー
久高島っていうのは沖縄本島の南城市にある安座間港から高速船で
わずか15分ほどで行ける離島なんですけれども、
それは例えば
石垣島があって石垣島の離島ターミナルから高速船に乗っていける竹富島であったり、
西表島であったりという
観光やレジャー目的で行くというそういう場所ではないんやと思っているんですよー

久高島を語るには
沖縄が沖縄県になる前の「琉球國」(リュウキュウコク)と呼ばれていた時代まで遡らないといけないわけですー。
琉球國は1429年に建国した王国ですー。
日本史で言うところの室町時代の中頃です。
結構昔のことですー
今の奄美群島、沖縄諸島、先島諸島までを領土としていて
首都が沖縄本島の首里にあったと言われていますー
首里城あるじゃないですかー
あれがお城になるんですよー
そして1609年(江戸時代初期)に九州南部を治めていた薩摩藩が
琉球國に侵攻して支配下に。
これ以降、琉球國は薩摩藩の付庸国となりましたー
薩摩藩への貢納を義務付けられて、江戸上りで江戸幕府に使節も派遣したようですー。
その後、明に代わって中国大陸を統治するようになった満州族の王朝である清にも朝貢を続け、
薩摩藩と清への両属という体制をとりながらも、
琉球王国は独立国家の体裁を保ち、独自の文化を維持したとのことですー
そして明治時代に琉球藩が設置され、
日本が琉球國の清との冊封関係・通交を絶ち、
明治の年号使用、藩王自ら上京することなどを再三にわたり迫ったけれども、
琉球國が従わなかったので
その後ゴタゴタ揉めた後、
日本は琉球藩の廃止し、沖縄県を設置王統の支配は終わったとのことですー
その450年にわたって続いた王国で伝説の島として言い伝えられているのが
久高島なんですよー。

この久高島に神様が降臨されて、その神様がここから
琉球國の島々をお作りなったという伝説があって、
琉球國の王が国を司るにあたって霊的な力を得るために
この久高島が最も気高い聖地として存在している島だったということなんですよー。
そしてこの久高島に向き合うように存在するのが
南城市にあるのが斎場御嶽(せーふぁーうたき)で
そこはこの久高島と繋がる場所として、
めっちゃ聖地として崇められている場所なんですよー





20140615_988653.jpg
沖縄本島、斎場御嶽の三庫理(サングーイ)



20140615_988651.jpg
三庫理の内側から久高島が望めます



20140615_988651000.jpg




沖縄県の島々を作られた神様が降臨される島、
それが久高島ということなんですー

沖縄県は先島の隅々、端っこの島まで観光地化していますが
本島からちょっとしか離れていないにもかかわらず、
久高島、ほとんど観光地化していないです。
ほとんど手付かずの自然がそのままあるんですよー

民宿が数件、
食堂は3箇所、
レンタサイクルが3箇所
商店1軒、
簡易郵便局1軒
派出所、無し
っていう感じでしたー


そして近代まで
久高島に暮らす男性は漁をして生計を立てて、
女性は30歳を迎えると全員、
神様にお使えする巫女さんにならはるんですよー。
その巫女さんになる儀式(イザイホー)が12年毎に行われていたんですがー
1978年を最後にその儀式が途絶えてしまっているんですよー
過疎化で巫女になる女性がいないということみたいです。。。

外の人間はそれを残念に思うかもしれませんけど
実際、島に生きている方たちにしてみたら、あれですよねー
島から出ずに島だけの情報で生きてこれた時代ではなくなりましたからねー
外の世界を知れば知るほど過疎化が進んでしまうのもわからないではないですー

神様に捧げる人生ですよ。
生まれたときから
そう決められていたとしたら
様々な価値観が渦巻いている現代で
相当苦しいんではないかと想像してしまいます。。。

何が幸せなのか
どういう生き方が正しいのか、
考えてしまいますよねー


そして、久高島の神様は偶像がないんですよ〜
社もないです。
なので完全にイメージの中のことなんですよねー
久高島の中で最高の聖地とされているフボー御嶽、
現在は立入禁止になっていますが、
そこはなにもない森のなかの空間だそうですー。


そのイザイホーの様子が
この岡本太郎氏の写真集「岡本太郎の沖縄」に紹介されていますー




琉球王国2.jpg



この本、たまたま持っていたんですよねー
20年くらい前に
石垣島の書店で購入したものですー
久高島を訪れた今となっては大変興味深いですー。


とまー、いろいろあるわけなんですがー
その久高島に、今年沖縄移住歴が20年となったボクが
節目といえる年に、久高島に行って神様に
20年間住まわせていただいた感謝をお伝えしたい、というのが
今回の旅の大きな大きな目的になっていたわけなんですー


そんな大事な旅なのにもかかわらず、
出発のLCCが欠航したじゃないですかー




神様が

来るなと

言わはってる

のかしら



とも思いましたけどねー
ま〜それでも、時間がずれても旅ができそうやったんで
来てみたんですよー




今から思えば、
この旅、中止しなくてよかったと思いますー
久高島に来れてよかったと思いましたよー

まーこれから
いろいろお話していきますので
お楽しみに〜





つづく







下の「沖縄人気ブログランキング」のバナーを是非クリックしてください!!



ブログ、応援してください!!


ブログ、応援してください!!

切実なお願いですー!
ランキングの1位を目指して日々がんばっております!
下のバナーのクリックで投票され順位が確認できます。
(投票は1日1回有効です)
応援よろしくお願いいたします!

人気ブログランキングへ
↑↑↑応援してください! ご協力、お願いいたします!!






プロフ.jpg
このブログ筆者のご紹介
水鳥 広之 
ミズトリ ヒロユキ
国籍 日本
沖縄県石垣島在住(1998年〜現在)
移住歴20年
東京都出身
1992年 多摩美術大学美術学部建築科卒業後、
積水ハウスにて3年間住宅設計に携わる。
同会社退社後、工房スタンリーズにて3年間家具・インテリアデザインの職を重ねる。
1998年 石垣島に移住。
石垣島に移住後、デザイン業から離れ、
島の酒屋「本名商店」(4年間)、島の給油所「八重山石油」(2年間)勤務。
2004年 デザインショップ、FREE FOWLSを開業。
Tシャツのグラフィックデザインや
イリオモテヤマネコのぬいぐるみ等を製作・販売。石垣島にてデザイン活動を展開中。
ブログをはじめた日 2006/11/21 【約12年】
いままでに書いた記事 【約7500話】
お問い合わせ メール mitto@violin.ocn.ne.jp



お店へのアクセス

アクセス.jpg
FREEFOWLS
沖縄県石垣市字大川212 ログビル3F
TEL 0980-83-5023




Instagram
※インスタグラムはじめました。スマホのアプリを使った写真投稿です。
ブログに使わなかった画像などを毎日アップしています。こちらもどうぞよろしくお願い致します。

FREE FOWLSオフィシャルHPはコチラ>>>


★★★FACEBOOKされている方へ★★★

当ショップのFACEBOOKページ>>>
ぜひ「いいね!」していただけますよう、よろしくお願いいたします!!



いいねさいそく画像2.jpg

上記に記しました「いいね!」ボタンを押してください。
日々のブログの執筆の励みになりますので
どうぞよろしくお願い致します!!







JUGEMテーマ:日記・一般



posted by ひろアイコン小.jpg | 【メインアイランド】沖縄本島 | comments(0)
Comments







 
Infomation
【沖縄の石垣島でTシャツ・土産店を営む店主の喜びと悲しみを綴ったブログ】 2018バナー001.jpg2018バナー002.jpg
Entries
Categories
Archives
Comments
Bookmarks
  • 沖縄クリップバナー.jpg
  • 店ロゴバナー.jpg
  • 無題.png
Recommend
ニライカナイからの手紙
ニライカナイからの手紙 (JUGEMレビュー »)
蒼井優
FREE FOWLSのSURF Teeのホワイトを衣装提供いたしました。映画のエンドロールにショップロゴもクレジットされています!
台風情報
FREE FOWLSまでの道のり
Others